実年齢を化粧品でカバーする|50代にも合う製品があります

レディ

効果的な塗り方

メイクするレディ

まつげ美容液は、根元から塗り横に細かく振動させながら塗ることによって全体へ美容成分を届けることができます。目を閉じて塗ると根元から塗りやすくなります。毛や皮膚の成長が活発な夜に塗る、すっぴんの状態で塗るようにするとより効果的です。

Read More..

多くの化粧品に使用

女性とコットン

ビタミンc誘導体は肌に多くの効果をもたらす成分です。化粧水にも含まれることが多くなっています。化粧水はセラミドやヒアルロン酸など肌に有効な成分が多く含まれています。また浸透力の固さからビタミンCをより多く取り入れることに適しているのです。

Read More..

健やかな肌に

美容液

メディプラスゲルのようなオールインワン化粧品は、スキンケアをこのアイテムひとつで簡単に済ませることができます。短時間で経済的な上に、肌へのストレスがあまりかからないのが特長的で、気軽に健やかな肌に近づけます。

Read More..

RECOMMEND

  • 50代のためのオススメ化粧品ランキング

    自分に合ったものをセレクトしましょう。50代は化粧品選びにこだわってみるといいですね。効果的なアイテムはこちら!

肌トラブルに合わせたケア

女の人

潤い効果が高い成分も配合

肌の老化を知らせるエイジングサインは多くの人が20代後半から30代にかけて感じ始めます。50代の肌はこのエイジングサインがより深刻化しやすいのが特徴の1つです。エイジングサインとして非常に多い、たるみやしわ、肌の乾燥といったトラブルも50代の方ならばほとんどの人が経験するはずです。そのため50代のための化粧品は、そのエイジングサインに応じたケアが出来るものが多数あります。これら50代向けの化粧品の特徴としては、まず潤い効果の高い成分が配合されています。例えばセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった成分はよく知られた潤い成分です。また肌へのやさしさを考慮した化粧品も50代向けのものとしてはよく見られます。無添加だったり、オーガニックや自然派化粧品も50代向けの商品の一般的な特徴と言えます。

乳液やクリームが人気

潤い成分の1つであるコラーゲンは、加齢によって徐々に失われていきます。50代の肌は、20代の頃に比べてコラーゲンも半減することが分かっています。このため乾燥肌を悩みとして抱える人が多く、その対策ができる乳液やクリームなどの化粧品が50代には人気です。乳液とクリームの役割は肌表面の水分や化粧水、美容液の成分を保持することです。乳液は水分と油分でその保持を行い、クリームは主に油分のベールで水分を保持します。このため肌の保湿状態が適度に保たれ、バリア機能も維持できます。肌の保湿機能が低下している50代にとって、保湿を維持できる乳液やクリームはほぼ必須と言え、そのため人気があります。どうしても足りない美容成分を美容液などで補い、乳液やクリームでそれを保持するのが、50代の化粧品の使い方として、このように定着しています。